Future F-5 Custom 1999年製作 Used

奈良のロイド・ロアーこと中西 正英氏の主催するFuture工房の作品
 
ストラドのヘリエやサンライズのような装飾を施したヴァイオリンは時折見かけますが、マンドリンでは大変珍しく非常に手の凝った作業が伺えます。

同工房の作品の常で、材は欧州のスプルースとメイプルを使用しており、低音弦の響きは豊かで、切れの良い高音と相まって大変心地よい鳴り具合です。

ネックは極僅かに広いですが厚みは薄めで、弦高さも低くセットアップしているので、女性にも弾きやすく扱いやすい個体です。

全長:715mm(エンドピン含)
全幅:257mm
弦長:354mm
ナット幅:29.4mm
表板:ドイツ系トウヒ
横・裏:欧州産楓
ネック:同上
指板:黒檀
ブリッジ:黒檀(アジャスタブル)
糸巻:Schaller
Tailpiece:Gary Price
その他:白蝶貝トラスロッドカバー

578,000円(税込・ケース付属)

お問い合わせはHPからのメールかお電話で

a0220395_1638285.jpg


a0220395_1638231.jpg


a0220395_1705793.jpg


a0220395_16405017.jpg

[PR]
by acoustic-h | 2014-02-17 17:11 | マンドリン