カテゴリ:フィドル( 26 )

世の中にはストラディヴァリ・コピーが、それこそ星の数ほどありますが、今回の個体は製作技術という観点から見ると結構良く出来た楽器です。アーチも、然程高くない適切なカーブで、上品なフォルムを持っています。
製造は(あくまで推測の域を出ませんが)1900~1920年頃のザクソニーではないでしょうか?

このバイオリンは、弾く前から形が綺麗なので期待して試奏してみましたが、案の定大変バランス良く鳴り、フィドルとしては十分ですし弦楽合奏にも使えますね・・・

裏板には虎模様がはっきり出た、少し硬めの楓材を用いていますので音色は輪郭が明確で非常によく通り、G線の唸りは下品でない程度の迫力があって、バンド内での存在感を引き出す演奏が出来ると思います。

330,000円(税込・ケース付)

a0220395_12423036.jpg


a0220395_1243260.jpg


a0220395_12432755.jpg


a0220395_1247050.jpg


HPのアドレスが変更になっていますので、よろしくお願いします。
こちら

[PR]
by acoustic-h | 2016-06-04 10:57 | フィドル
ドイツ製オールド(1890年頃)Strad 1703 Label
赤茶色ニス、極僅かに深い胴体

凄くよく鳴ります(Banjo-Killerというべきかも知れません)
Aubrey HaynieがTime Jumpersで弾いていた個体によく似た雰囲気

SOLD

a0220395_13162440.jpg


a0220395_13164280.jpg


a0220395_131781.jpg

[PR]
by acoustic-h | 2016-03-25 11:03 | フィドル
典型的なドイツ製バイオリン、おそらくザクセン地方の作品でしょう。標準的なトップのアーチでストラドの流儀に近い形状です。音色は艶やかでフィドルには最適です。

1800年代後半から1900年代の初頭にかけての作品ではないでしょうか?

216,000円(税込・本体のみ)

HPは「こちら」

a0220395_15282322.jpg


a0220395_15284147.jpg


a0220395_15291139.jpg

[PR]
by acoustic-h | 2016-03-25 10:59 | フィドル
クレモナの名門「モラッシー工房」で学んだ4人の職人が、北京で工房を構え
San Antonioのブランドで発表、既に高い評価を受けている製品のラインナップから
V-804(定価12万円)をアウトレト価格で販売します。
少し前の作品(2007年製)ですが未販売の新品です。在庫中に右側裏板に肩口部に
ちょと打痕が出来ていますが、この部分はニスをタッチアップして販売します。

パワフルで倍音が豊かな個体で、練習が楽しくなること請け合いです。

75,600円(税込・ケース別)

a0220395_15103331.jpg


a0220395_15104932.jpg


a0220395_1511538.jpg


a0220395_15111998.jpg


a0220395_15113548.jpg


アコースティック・ハーモニー・HP

[PR]
by acoustic-h | 2016-03-25 10:52 | フィドル
ストラデバリの作品はアマティの影響の時期、ロングパターンの時期、そして黄金期と分類されますが、今回入荷した楽器はロングパターン期のレプリカです。胴長は360mmあり、一般的なバイオリンの胴長より少し長めになっています。写真の通り「F字穴」も幾分大きく、大変迫力のある楽器です
「ロングパターンだから弾きにくい」と言うことは全くありません、弦長を整えてありますので運指も通常と違和感なく行えます

フィドルのカテゴリーで掲載していますがクラシック小品を弾くのもOKですし、アイリッシュにもブルーグラスにも幅広くお使い頂けると思います

大変良い材料で作られていて、作者の木工精度も高く、充分満足頂ける楽器ではないでしょうか

a0220395_18145835.jpg


a0220395_18151414.jpg


a0220395_18152764.jpg


SOLD

ご購入は「こちら」
[PR]
by acoustic-h | 2015-05-18 18:16 | フィドル
最近、フィドラーの間でちょっとしたトレンドになっている5弦バイオリンですが、使い方次第では大変面白いフレージング、リズムの捉え方、和音の多彩さ・・・など実に楽しい楽器です

今回入荷しました個体は、菅沼弦楽工房の5弦です
氏は永年ブルーグラスに親しみ、バイオリン製作家では珍しくフィドルに精通、また日本で最初にピッコロ・バイオリンを手掛けるなど、高い評価を得て居られます

a0220395_1330536.jpg


a0220395_13313626.jpg


a0220395_133294.jpg


全長:610mm(エンドピン含)
全幅:210mm
弦長:325mm
ナット幅:29mm
表板:スプルース
横・裏:メイプル
ネック:同上
指板:黒檀
ブリッジ:Despiau France
フィッティング:黒檀
その他:Helicore弦使用

432,000円(税込・輸送用ケース付)
[PR]
by acoustic-h | 2014-03-21 13:33 | フィドル
このバイオリン、作風が似ていると思って少ししらべてみましたところ、作者のローター・ゼムリンガー氏やはりKarl Höfner社の出身です。

きっちりと確実に各部分を作る技術の習得がドイツのバイオリン製作マイスターに必要とされる要素で、熟練製作家の作品として十分満足できる個体です。音色は今でも十分な響きを持っていますが、これから更に弾き込むに従って音量や艶が増してくると思います。

前オーナーは某音大の学生さんで、副科目で使用されていました。丁寧に扱われて使用頻度が少なかったため新品同様のコンディション、これは大変お買い得です。

尚、セッティングはバイオリン用になされており(現状は少し高めの弦高なので)低めがご希望のフィドラーには調整させて頂きます。遠慮無くご用命ください。

SOLD

a0220395_1371546.jpg


a0220395_1373186.jpg


a0220395_1374663.jpg


a0220395_138454.jpg


a0220395_1382219.jpg

[PR]
by acoustic-h | 2013-12-19 13:16 | フィドル
一つひとつの音がとてもクリアーに響く弾きやすい楽器で、写真でご覧の通り杢目の綺麗な表・裏板を使用しており、製作技術も良好な個体だと思います

特に1弦のA~C#(その上のE~Aもですが)透明感があって良く通る音なので、バンドの中でも埋もれず、ジャム・セッションでは強い味方になります

輸入元の鑑定は「旧東ドイツのドレスデンあたり」という事ですが、ボヘミア周辺の作とも思われる香りが漂うバイオリンです

433,000円(税込・ケース別売) 388,000円

a0220395_1710180.jpg


a0220395_17103037.jpg


a0220395_17105456.jpg

[PR]
by acoustic-h | 2013-10-03 17:10 | フィドル
Gasparo da Salòはヴァイオリン族の原型を作ったとされていますが・・・
ご丁寧にGをCに代えて「Casparo da Salò」のラベルが貼ってあります

まあ、そんな事は別にして綺麗な音色でバランスが良く作りも丁寧な個体
おそらくは1920年代のドイツ製と推測されます

濃い茶系のニス、嫌味の無いダブル・パフリング

Sold

a0220395_13294645.jpg


a0220395_1330530.jpg


a0220395_13302679.jpg

[PR]
by acoustic-h | 2013-05-31 13:30 | フィドル
アマティ-ストラディ-ガルネリ、などのクレモナ派のバイオリンとは異なりドイツの巨匠シュタイナーが作ったバイオリンは、そもそも形自体が無骨なアーチ形状で如何にもゲルマン人の作品という雰囲気が漂っています。フィドルとして使うには・・・という前提で考えると、これまでに販売した楽器のなかで「これは良く鳴る!」と思った個体はシュタイナー・タイプが多かったです。

今回入荷した作品も同様で、抜群に鳴ります!低音弦の力強い響きと高音の綺麗な伸びの良さ、もちろんバランスも良好で、BluegrassにもIrishにも、その他のフィドル音楽にも十分応えてくれると思います。

楽器そのものは1930年代のドイツ製と思われますが状態も非常に良好で、ペグ穴の補修など過去の修理跡を仔細に見てみると腕のある職人によって施工されていることが窺えます。

SOLD

a0220395_12444846.jpg


a0220395_12453289.jpg


a0220395_12455155.jpg


a0220395_1246689.jpg

[PR]
by acoustic-h | 2013-02-14 12:46 | フィドル