<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

おかげで満員・盛況の内に終了しました!

御礼申し上げます





極上のハーモニーを届けるMFQ。6年ぶりの再来日!
60年代、70年代にママス&パパス、バーズ、ジョン・セバスチャン、CS&N、マンハッタン・トランスファー、 ブライアン・ウィルソンのなどフォーク/ロック/ポップのアーティストに大きな影響を与え、90年代はソフト ロックの文脈で再評価を受けたMFQが、Back in Townの10周年のお祝いに駆けつけてくれます。
フォー・フレッシュメン、ハイ・ローズを想い起こさせる夢のようなハーモニーは、日本にいながらアメリカのウエスト・コーストやハワイのフィーリングを感じさせてくれる事間違いなし。
彼らもこれが最後かなと言ってる様に彼らのラストツアーになる可能性あり。お聞き逃しのない様に。

(Tom's Cabin HPより)

ということで、何故か神戸だけ前座があります。
光栄にも彼らと一緒のステージに立たせて頂けることになりました!

チケットの予約を当店でもお受けいたします。

是非、おこし下さいますよう・・・・

前売¥6,000(整理番号付、税込、ドリンク代別)


a0220395_17371496.gif
a0220395_17373286.gif
[PR]
by acoustic-h | 2011-07-29 17:38 | メディア
テナー・ギターという楽器は、本来はテナー・バンジョー奏者が持ち替え
し易いように作られたギターだった、と記録が残っています。
ですから A-D-G-C の調弦が一般的だったのですが、ある時代からは
E-B-G-D という、ギターの1から4弦と同じ調弦にして使われるように
なりました。つまり、ギターとすればテナーですが、ウクレレでは低域の
いわゆるバリトンなんですね。

使い道はキングストン・トリオのコピーバンドでは必需品ですし、ハワイアン
では音を分厚くするのにとても便利です。本来のテナー・バンジョー奏者の
方々にも勿論注目して欲しいと思います。

Martinでは 0-18T が有名ですけれど、LXMシリーズでもテナー・ギター
年間数本のみ作られおり、正規輸入品で入荷しました。

ハイプレッシャー・マテリアル(圧縮材)ボディ、23inchスケール
12・1/2inch胴幅

S/# MG-93058

73,500円(税込)

a0220395_15143780.jpg

a0220395_15145286.jpg

a0220395_1515632.jpg

a0220395_1515244.jpg

a0220395_15153732.jpg
[PR]
by acoustic-h | 2011-07-18 15:19 | ギター
昔々、18世紀ごろのお話・・・

ダンスの先生は、コートのポケットに小型の細いバイオリンを
忍ばせて、ステップのレッスンをしていたそうであります

ラジカセやウオークマン、もちろんi-Podなど無かった頃ですから
音楽に合わせて練習するには、ダンスの先生が演奏までしました

今回の個体はポシェットのレプリカと言うよりも、携帯用にアレンジ
して、ギターで云えば「バグ・パッカー」のような使い方を想定した
バイオリンではないでしょうか?

パブでのセッションの「飛び道具」に・・・野外フェスでの「ネタ」に
散歩の「お供」に、如何でしょう?

随分前に米国で買い求めてから長期間の展示・試奏に伴い
少し擦り傷がついています

全長:約520mm 幅:約55mm 高:88mm
322mmスケール(現在はヘリコアを張っています)
弓・ケースなどは付属しません

Sold

a0220395_16222965.jpg

a0220395_16224298.jpg

a0220395_1623020.jpg

a0220395_16231341.jpg
[PR]
by acoustic-h | 2011-07-15 16:27 | フィドル
通常Gibson型のBanjoは24個のフックでヘッドを締めます
古いVegaなどの28ブラケットは、マニアには「格好良い」と
されていて人気が高いのですが、何故なのでしょう?

一般的には「音が良い」と言われますが、Banjoのメカニカル的
魅力からすると、部品点数が多いほどイヂる楽しみがあります

この Brooks Banjo 30個もブラケット・シューが・・・!!

HPはこちら

ネックのヒール部分は独特なスロットがあり、形状も最近の主流である「極太」
ハイポジション部分はスコープされています

オリジナルはNo-Knot・Tailpieceでしたが、秘蔵の部品を装着しています
もちろん装着状態で販売いたしますよ

この個体は未使用に近いコンディションで大変綺麗
11インチのSkin Head装着で、交換も容易です
主要な部分はウォールナットです

Sold


a0220395_17523266.jpg

a0220395_17524885.jpg

a0220395_1753423.jpg

a0220395_17533894.jpga0220395_17532921.jpga0220395_17531984.jpg
[PR]
ギター・スタイルのバイオリンを発明したシャノーは、18世紀から19世紀に
かけてフランスで数多くの名器(迷器?)を残した製作家で、一族のなかには
名人と言われた作家が数多く居ました。

C型の部分がない、尖ったところがない、つまり円やかな音色がする
という推論であった、と記憶していますが、定かではありません。

このバイオリンは、シャノーのスタイルを模して、しかし細部は伝統的な
バイオリン手法で製作されています。
(シャノーは逆スクロールで、エンドピンで弦を止めていた)

おそらく中国の・・・北京あたりで・・・作られた楽器のようです。
エッジの縄文様は手描きです。

形状のせいなのか判りませんが、確かに明るい軽快な音色がします。

フランス風の舞曲やシャンソンなど、弾かれては如何でしょう?

Sold


a0220395_17553157.jpg

a0220395_17554618.jpg

a0220395_17555780.jpg
[PR]
by acoustic-h | 2011-07-11 17:57 | フィドル
Bruce WeberはGibson社でF-5Lの製作に関わった名人ですが
独立して1996年にWeber Mandolinを設立し、多くの名器を生み
出しました。

このYellowstoneはS/#から推測すると1999年に製造された
個体のようです。

特徴はX型のブレーシング、豊かな響きで、高音・低音のバランスも
良く扱いやすいマンドリンです。

ブリッジの形状、アジャスト方法は特許なのですが、これは賛否両論です。
伝統的なブリッジに交換される場合のお手伝いもいたしますので遠慮なく
ご相談下さい。

殆ど新品同様に近いコンディション、フレット山も充分にあります。
S/# 9922405

SOLD

a0220395_16572093.jpg

a0220395_16573713.jpg

a0220395_16575256.jpg

a0220395_1658798.jpg

a0220395_16582038.jpg

a0220395_16583240.jpg

a0220395_16584270.jpg
[PR]
またまた問屋さんの倉庫で発見したアウトレット品

ビオラ用とのことでしたが、予想通りマンドリンがジャスト・フィットです
(固定方法など、多少の工夫は必要ですが・・・)

ヘッド部分に余裕があるのでチューナーなどの機材や着替えも入るし
楽譜や資料、勉強道具も大丈夫です
(弓も入ります、但し写真のマンドリンは含まれていません・・・・笑!)

色は人気のミルキーホワイト

本来のビオラ用として購入いただいても、もちろん結構です

小さな打痕があるので特価販売

カーボンマスターのHP

SOLD

a0220395_16544242.jpg

a0220395_16545652.jpg

a0220395_1655734.jpg
[PR]
by acoustic-h | 2011-07-02 16:59 | 機材