<   2011年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

日本のフラット・マンドリン始祖と言えば、Jumbo(田原楽器)創業者の田原良平氏
ではないでしょうか。研究熱心な方で、まともなブルーグラス用楽器の無かった時期
に発売されたA-50のコピーモデルは一世を風靡しました。F型やDuckのコピーなど
第一線を退かれてからもユニークな作品を製作されて、惜しまれて亡くなりましたが
その技術とスピリットは、鷲見英一氏に受け継がれていると思います。

このバイオリン型マンドリンは、氏のユニークな作品群の中でも完成度の高い機種。

数本製作されたようですが、一号機はDavid Grismanが所有しているそうです。

また、この個体は「ヨーデル食べ放題」のヒット曲でおなじみの、桂雀三郎とまんぷく
ブラザースの元メンバー氏が、同曲の録音で使用した楽器そのものです。

580,000円(税込)ケース付属
アコースティック・ハーモニー・HP


a0220395_1402437.jpg


a0220395_1403899.jpg


a0220395_1405228.jpg


a0220395_141536.jpg


a0220395_1412618.jpg

[PR]