<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年の「サウンドメッセ」に出品されたSol Anemo工房の新作です。

オーバル・ホール(丸穴)の響きのよさと、F穴のシャープな切れ味、これらが融合されたサウンドが出せないのだろうか?Sol Anemo工房の中西 秀樹さんと、いつも話していたのですが、或る日、アイデアが浮かんで・・・・こんなの出来ないかな??とスケッチしてみたのが発端です。

和音の切れはF穴マンドリンの良さを生かしながら、3弦~4弦の馬力はオーバル風の迫力があります。言葉では表現し難いですが、演奏者のアイデアで多種多様の音楽に使えると思います。

色合いも通常のマンドリンとは、ひと味違った落ち着いた風合いの塗装で仕上げて頂きました。

予定価格 398,000円(ケース別、税込)
アコースティック・ハーモニー・HP

a0220395_18111620.jpg

[PR]
このブランドは中国製のバイオリンで日本の或る楽器店が輸入代理店をしています。以前はNet上でも時折見かけましたが、最近はあまり出ていないようです。

この個体は非常に良い材料で製作されており、楽器としての完成度はとても高いと思います。そのため鳴り具合も満足できるもので、10万円以上の個体と比較しても遜色はありません。

人民元の値上がりを考えると、このクラスの楽器も今後は値上がりが予想されますので、今がお買い時ではないでしょうか・・・??

SOLD

アコースティック・ハーモニー・HP

a0220395_1434533.jpg


a0220395_14342710.jpg


a0220395_14344177.jpg


a0220395_14345543.jpg

[PR]
by acoustic-h | 2011-11-27 14:36 | フィドル
ハンガリーのバイオリンです。

チェコ、ルーマニア、ハンガリーなどの東欧諸国は音楽性豊かで、日本人の感性に良く合う音色の楽器を見つけることが出来、しかも廉価な楽器が多いです。昨今のユーロ相場も勘案すると今は買い時と言って良いのではないでしょうか。

このバイオリンは各弦のバランスが良く、低音から高音までデッドポイントの無い鳴りです。現在でも音量的に充分ですが、新品のバイオリンの常でD・G絃はこれから更に深みを増すことが予想されます。勿論フィドルとしてお使いになられても問題ありません。セッションでは望外な働きをしてくれるでしょう。

少し濃い色目のニスですが、味わいのある仕上げも、この個体の魅力です。

Sold

アコースティック・ハーモニー・HP

a0220395_13361394.jpg


a0220395_13363465.jpg


a0220395_13383865.jpg


a0220395_13385222.jpg

[PR]
お問い合わせがありましたので、Pickの在庫ですが・・・・

これら以外には(御来店された方はご存知の通り)大きな壜に入れてますので、選んでください。

(写真1 上の左から順に)
Dunlop Ultex 三角 0.60 0.73 0.88 1.00 1.14
Clayton 三角 0.56

Dunlop Ultex ティアドロップ 0.60 1.00
Fender ティアドロップ Ex-Heavy
Dunlop Ultex ティアドロップ 1.00 1.14 1.40

Dunlop デルリン 0.46 0.71 0.96 1.14 1.50 2.00

Dunlop ワニ印  0.46 0.71 0.96 1.14 1.50 2.00

Dunlop Wedge  0.73 0.88 1.00 1.14
トリアセテート(三角)
David Grisman Dawg

(写真2、同様)
Fender ティアドロップ Heavy 
Clyton 三角 0.45 0.38
Elderly Med-Light

Fender 三角 Heavy
Fender ティアドロップ Heavy
鼈甲 雑多品 三角
Dunlop Tortex 1.00

Dunlop Jazz 204 205 206 207 208
Martin ティアドロップ H
Fender 三角 M
Martin 三角 H M L

Bacchus 透明
Bacchus 白
Dunlop Big Stubby 2.0
D'Andrea ティアドロップ 1.21 0.84

アコースティック・ハーモニー・HP

a0220395_1643879.jpg


a0220395_16432834.jpg

[PR]
by acoustic-h | 2011-11-06 16:45 | 機材