<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Jumbo Body、Cut-a-Way 現在の800シリーズと少し仕様が異なりますが
深い低音と、繊細な高音がバランス良くとれた大変魅力的なモデルです。

Jazzyなリズム・ギターやフィンガースタイルなど使い道も広いですね・・・

スプルース・トップ、ローズウッド横裏、マホガニー・ネック、エボニー指板
Fishmanのレアアース・ピックアップ付き。

表板リペアー跡、打痕や擦り傷は多少見受けられますが使用上の問題は
ありません。

SOLD

a0220395_14252772.jpg


a0220395_14254476.jpg


a0220395_1426475.jpg


a0220395_14262556.jpg

[PR]
by acoustic-h | 2012-08-30 14:26 | ギター
6弦、3本脚、シングル・ピックアップ、ラップの「Camp」に脚が付いたモデルです。

ハワイアン用としては勿論、ウエスタン・スイングにも(ちょっと工夫は必要)使え
そうですね・・・

フェンダーらしいカラっとした音色ですが、磁石が適度に枯れ嫌味が取れています。

脚のうち1本は交換されています。ブリッジ・カバーも多分ストラト用に交換されて
いるようですが、総じて状態が良いヴィンテージ・フェンダーです。

オリジナル・ツィード・ケースも付属。

SOLD

a0220395_13163776.jpg


a0220395_13165787.jpg


a0220395_13171621.jpg


a0220395_13174052.jpg


a0220395_1318019.jpg

[PR]
Sho-BudのW・Neck、Super-Pro Model  ほぼオリジナル状態です。

塗装:黒
ピックアップ:シングルコイル(純正)
ペダル:8本
レバー:5本
糸巻き:スパーゼル
ピックアップ切替SW、トーン On/Off SW

同社の後期モデルで全体に小型化されています。

小さなバー打痕、塗装割れなどありますが、経過年数としては綺麗な個体。
純正ケースは数箇所剥がれ有り、使用上には問題ありません。

交換済みの部品は、トーンコントロール・ノブ、脚の先端ゴムです。

SOLD


a0220395_15204138.jpg


a0220395_15235799.jpg


a0220395_15241892.jpg


a0220395_15243928.jpg

[PR]
Jumboは田原楽器のブランドとして70年代から80年代にかけて良質のギターや
マンドリンの愛称として人気がありました。その製作ポリシーはKentukcy工房から
現在は鷲見工房へ受け継がれています。

このJM-38は、当時の日本のBluegrass Playerに広く愛用された、入門用楽器
ながら大変良く出来たマンドリンでした。

A型のマンドリンは、オールドタイマーやアイリッシュ・プレーヤーに人気がありますが
もちろんBluegrassにも、Jazzyな演奏にも十分使えます。
今回ご紹介する個体は程度も良く、難点だった糸巻きも最新のGoto製に交換済み。

SOLD


a0220395_13311127.jpg


a0220395_13312924.jpg


a0220395_13314643.jpg


a0220395_1332011.jpg


a0220395_13321225.jpg


a0220395_13322414.jpg

[PR]
1980年頃にDobro社がマンドリンを再生産し始めた時に少数作られた試作品。

前オーナーが、テキサスのディーラーから購入した際に上記のコメントを付記
して入手したと伝えてくれました。

完全ハンドメイドの胴体、手彫りの刻印、非対称ネックなど素晴らしい個体です。

コレクターズ・アイテムとしてでなく、ステージレベルにもスタジオユースにも
十分使えます。大変綺麗な音色で深みがあります。
但し糸巻きの動きが若干渋いので交換された方が使い勝手は良いと思います。

ケースのドローボルト1個が破損、実用には問題なし、修理は可能です。

SOLD

a0220395_16222220.jpg


a0220395_16255683.jpg

a0220395_1631798.jpg
a0220395_16303347.jpg

[PR]
Ditson向けにMartinが製作していた1920年頃のウクレレです。

ボディ内部にDitsonのスタンプ、ヘッド裏側にMartinの刻印という
往時の仕様は勿論ですが、使用されているマホガニーが素晴らしく
綺麗な材で鳴りも抜群です。

但し経年の小傷や打痕は少々見うけられます。
(まあ、これは当然でしょうね・・・)

157,500円(ケース別売・税込)

a0220395_14511861.jpg


a0220395_14513476.jpg


a0220395_14515277.jpg

[PR]
by acoustic-h | 2012-08-24 14:52 | ウクレレ
上海で知り合った中国人製作家の作品。
現在は米国に移住して某工房で働いているそうです。

真面目な人柄の方で、研究熱心でした。この個体もですが
中国製には珍しく塗装を薄めに仕上げ、削り込みも丁寧です。

一時的にアイリッシュ奏者の方に試奏して頂いておりましたが
丁寧にお使いだったようで、大きな傷もなく綺麗な状態です。

尚、Guan Youとは英語表記で三国志の英雄 「関羽」のこと。
ヘッドのインレイは彼の剣をデザインしたもので、この部分のみ
Sol Anemo工房、中西 秀樹氏の手が入っています。

KentuckyのKM-1000程度のクオリティはあると思います。

現在調整中です、完成次第ご報告します!

a0220395_1437431.jpg


a0220395_14372049.jpg


a0220395_14373340.jpg


a0220395_14374478.jpg

[PR]
こんなウクレレを手にすると、ザ・バンドを思い出すのは年齢のせいでしょうか?
ロビー・ロバートソンなら弾きそうですね・・・

4弦はLow-G設定、ベース弦はダイアトニックにも、よく使うルート音にも設定できます。

ソリッド・スプルースとマホガニー

SOLD


a0220395_14243987.jpg


a0220395_14253767.jpg


a0220395_1426297.jpg

[PR]
by acoustic-h | 2012-08-24 14:26 | ウクレレ