<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

元は派手なインレイだった頃のGibson F-5です

この頃の弱点であるネックの接合部、内部の削りこみ、その他を徹底的に改良しました
(最近の関西マンドリン界では定評のSol Anemo工房、中西 秀樹氏が担当)

ネック・ブロック部分もシェイプアップしています

一見すると70年代のGibsonには見えませんし、鳴り具合も「!!」という仕上がりです

(注)写真には電球などの映り込みがあります
   追加写真は追って掲載予定

SOLD


a0220395_19345768.jpg


a0220395_19351365.jpg

[PR]
おそらく日本に入った最初のEnore Modelではないでしょうか? Steel界で今話題沸騰の軽量モデルです

廉価ながらプロ仕様の4ペダル(0番にFranklin・Pedal) 5ニー・レバー

5・6・10弦はスプリット用の別ロッドが、2弦はハーフストップ用別ロッドが付いていて
これは素晴らしいチェンジャーです

The Wallace True-Tone Single Coil pick up 搭載で音も抜群、直ぐステージで使えます


中古品ですが、状態は大変良好です
価格応談

a0220395_14413728.jpg


a0220395_1442212.jpg


a0220395_14424578.jpg


a0220395_14422436.jpg


a0220395_14431583.jpg

[PR]
このバイオリン、作風が似ていると思って少ししらべてみましたところ、作者のローター・ゼムリンガー氏やはりKarl Höfner社の出身です。

きっちりと確実に各部分を作る技術の習得がドイツのバイオリン製作マイスターに必要とされる要素で、熟練製作家の作品として十分満足できる個体です。音色は今でも十分な響きを持っていますが、これから更に弾き込むに従って音量や艶が増してくると思います。

前オーナーは某音大の学生さんで、副科目で使用されていました。丁寧に扱われて使用頻度が少なかったため新品同様のコンディション、これは大変お買い得です。

尚、セッティングはバイオリン用になされており(現状は少し高めの弦高なので)低めがご希望のフィドラーには調整させて頂きます。遠慮無くご用命ください。

SOLD

a0220395_1371546.jpg


a0220395_1373186.jpg


a0220395_1374663.jpg


a0220395_138454.jpg


a0220395_1382219.jpg

[PR]
by acoustic-h | 2013-12-19 13:16 | フィドル
Korgのチューナー無しに演奏できない

と言うくらいプロ・アマを問わず愛用者が多く、実際に良く売れています

クリップ式なのに・・・内臓チップが日々改良されてるのでしょう・・・据え置き型に匹敵する高精度で、満足できるレベルの調弦が出来るようになって来ました

今回発売されたDolcetto-V(AW-3V)は、バイオリンに特化した製品で、糸蔵部分に装着しやすいクリップを装備し見やすく使いやすく仕上がっています(重量も34gで超軽量)

a0220395_1822299.jpg


公式HP

しかも従来からの平均律仕様に加えて、純正律での調弦が可能なのでクラシック界からも注目されています

a0220395_18183862.jpg


希望小売価格 3,800円 (特別価格はお問い合わせ下さい)
[PR]
by acoustic-h | 2013-12-07 18:23 | 機材