クレモナの名門「モラッシー工房」で学んだ4人の職人が、北京で工房を構え
San Antonioのブランドで発表、既に高い評価を受けている製品のラインナップから
V-804(定価12万円)をアウトレト価格で販売します。
少し前の作品(2007年製)ですが未販売の新品です。在庫中に右側裏板に肩口部に
ちょと打痕が出来ていますが、この部分はニスをタッチアップして販売します。

パワフルで倍音が豊かな個体で、練習が楽しくなること請け合いです。

75,600円(税込・ケース別)

a0220395_15103331.jpg


a0220395_15104932.jpg


a0220395_1511538.jpg


a0220395_15111998.jpg


a0220395_15113548.jpg


アコースティック・ハーモニー・HP

[PR]
# by acoustic-h | 2016-03-25 10:52 | フィドル
Earl Scruggs御大は写真で拝見すると結構細めのストラップを使っておられました

Ishigen-Leather-WorksのIさんは自身でもBanjoを弾くので、写真から寸法を割り出し、弾き易さなども考慮して作って頂いたのがこちらです

a0220395_21202788.jpg


全長 145mm
(取り付けるフックの場所で実用の長さを調節してください)

先端部分はこんな風にループ状に強力な糸で縫ってあります

a0220395_2145424.jpg


黒と濃い茶色の2種類

a0220395_21455031.jpg


a0220395_21461881.jpg


5,500円(税別)

HPのアドレスが変更になっています
こちら

[PR]
# by acoustic-h | 2016-02-18 21:50 | 機材
Ishigen-Leather-Works のハンドメイド・ストラップです

Type-1 プレーンなデザイン、シンプルで使い易いモデル

a0220395_16314451.jpg


Type-2 1枚の革をマジック三つ編みにした滑りにくいモデル

a0220395_16331355.jpg


どちらも、スクロール部分には1度ねじって装着します

a0220395_16355338.jpg

スクロールとネックの幅が狭い場合はこんな仕様も可能です
ご注文の際にお問い合わせ下さい

a0220395_09450806.jpg


End Option:通常のエンドピン対応型とボディ内部で結ぶ方式が選べます

a0220395_16343771.jpg


a0220395_16351100.jpg



【価格】
Type-1 3,800円(税別)
Type-2 4,800円(税別)

ハンドメイドなのでお届けまでに多少お時間を頂戴します

HPのアドレスが変更になっています
こちら

[PR]
# by acoustic-h | 2016-02-18 17:27 | 機材
日本のマンドリン製作の第一人者である鷲見 英一氏が現在のSumi工房を設立される前、Kentucky工房時代に作られた品で、当時のF-Modelとしては最高級機種でした。

前オーナーが丁寧にお使いだったので経過年数の割りに綺麗ですがパワフルな感じではありません。これから数年掛りで弾き込むと、更に響くようになるはずです。素性はとても良好な個体です。
若干の補修部分やネック裏側の塗装の剥げがあります。詳細はお問い合わせ下さい。

音色は大変クリアーでバランスも良く、特にピッキングのレスポンスは抜群です。


a0220395_118560.jpg


a0220395_1183682.jpg


a0220395_119378.jpg


a0220395_119288.jpg


a0220395_1195691.jpg


SOLD



[PR]
# by acoustic-h | 2015-08-28 22:30 | マンドリン
コロラド州にあるMullen Guitarは本場プロ御用達のメーカーで、外注部品を用いることなく、全て一貫した自社製造を貫いている数少ないビルダーです

a0220395_17423326.jpg


a0220395_17424688.jpg


今回の個体はUsedですが、前オーナー氏が愛情をこめてお使いだったため非常に程度が良い楽器で、当社で下記の改造を施した箇所以外は全く問題がありません

a0220395_17437100.jpg


現行品のG2よりもボディがしっかりとしたメイプル材で出来ているように感じました
その為かキャビネット・ドロップも極僅かです

(変更部分)
1:Pick-UpをBill Lawrence L-710から純正Single Coilに交換

2:ペダルの経年によるガタを、シム追加で補正

3:コペデント変更(4番をFranklin Pedalに)

a0220395_17432540.jpg



SOLD

お問い合わせなどはHPから
[PR]